左右非対称デザインのお庭  神戸市北区 

お施主様からは

「木製のフェンスと門扉が朽ちてきているのでやり替えたい」「伸びすぎてしまった木を撤去して、他のもので目隠しをしたい」

とのご依頼を頂きました。

まずは向かって左側の窓があるスペースには、目隠しとしてデザイン性のある木目調の柱を設置しました。

この柱は「木調アルミ形材」でできており、朽ちる心配がありません。

そして、反対側にはYKKapのルシアスフェンスLite03型を使用し左右非対称なデザインとしました。


レンガと低木はもともとあったものを生かしました。


コーナー部分が曲線となっているのはデザイン性もありますが、左側からの目隠し効果を高める狙いもあります。

そして目隠しの必要がないスペースにはあえてラインが細くスタイリッシュなデザインを用いており、全体の印象が重たくならないようにしています。

門扉はフェンスと同じYKKapの製品でシャローネ門扉SC03型を使用しておりフェンスと門扉でデザインを組み合わせました。

フェンス笠木は柱と同じ木調にし、まとまりのある外観になっています。