ガーデンオーヴを見下ろす大木「センペルセコイア」

 ガーデンオーヴに7月より入社をしました、中島と申します。これから、定期的に私たちの「ガーデンオーヴ」紹介していきますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 私たちの会社、「ガーデンオーヴ」にはモデルガーデンがあり、緑豊かな草木やメダカが生息している水辺などがあります。多くの人に実際に足を運んで頂き、緑の良さを伝え、ガーデンの素晴らしさを実際に味わって頂きたいと思っています。

そこで今回は私たちのガーデンでシンボルツリーとして、大きく空に向かってそびえたつ大木「センペルセコイア」をご紹介いたします。センペルセコイアはヒノキ科の常緑針葉樹でアメリカ合衆国西海岸の海岸山脈に自生しています。別名でアメリカスギやレッドウッドとも呼ばれていますね。また、世界で最も大きくなる樹種の一つとされています。

私たちの会社にあるセンペルセコイアも数十メートルを優に超す高さへと成長しています。遠目から見る、堂々たる樹姿も魅力の一つですが、個人的には真下から見上げる姿が好きで、枝が大きな傘となり安心感を与えてくれます。巨大木になるので、広いオープンスペースが必要であり、家庭で育てるのは少し難しいかもしれませんが、こんな立派なツリーのある家には憧れます。

沿道からも見ることができ、今日も私たちの目印として大きくそびえ立っています。お近くによられた際にはぜひ一度、足を止めて見上げて頂けたら光栄です。